神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

機能性子宮出血に対する低用量ピルを使ったカウフマン療法

〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町3-4-7

TEL 078-391-2246

電話受付 診察時間内

機能性子宮出血に対する低用量ピルを使ったカウフマン療法

機能性子宮出血はよくみられる病態ですが、低用量ピルを使ったカウフマン療法でスムーズに治っていきます

機能性子宮出血は女性の不正出血(生理以外の出血)の約30%を占める出血です。  器質的(障害物的)な異常もないのに、子宮から不正出血が起こる状態をいいます。思春期と更年期の女性に最も多く見られます。思春期に起きる不正出血の90%以上が機能性子宮出血で、その大部分が無排卵性です。  更年期に起きる機能性子宮出血の50%以上は45歳以上の女性に見られます。加齢に伴う卵巣機能の低下が多くなります。特に更年期の女性の場合は子宮癌や子宮筋腫が合併していることもあるので注意が必要です。  原因の多くは性周期の機能失調によって子宮内膜の働きに必要なエストロゲン・プロゲステロンの濃度の異常が引き起こす事によります。

機能性子宮出血の症状は 出血の回数が増えますし、不規則あるいは持続的に出血します。ですから 出血が持続すると鉄欠乏や貧血をおこすことがありますので、継続的な治療が必要です。

検査は 問診、血液検査、経膣式エコー検査などをして、腫瘍、炎症、妊娠などの根本的な疾患がないかどうかを確認することが大事です。

―この治療法も低用量ピルですが― 年齢、出血の程度、子宮内膜が厚くなっているか、薄くなっているか、妊娠を望むかどうかによって異なります。 さしあたって妊娠を望んでいない女性は低用量ピルを使って性周期のリズムを整えていくことが一番簡単で確実です。

 

written by
院長 山口 幸俊