神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

私が人工妊娠中絶術を行うにあたって思うこと

〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町3-4-7

TEL 078-391-2246

電話受付 診察時間内

私が人工妊娠中絶術を行うにあたって思うこと

下の図は厚労省のデータですが、私のクリニックでも中絶手術を行った女性に「何か避妊をされましたか?」という質問に約50%の女性は「ハイ、していたのですが・・・」という答えが返ってきます。

column1312_2

望まない妊娠を中断しなければならない、人工妊娠中絶時の避妊状況について思うことは、以下の3点が頭にうかびます。

  1. 先ず、避妊の知識や関心がなくそのままセックスをしてしまうカップルが今も約50%おられることです。避妊しなければある意味望まない妊娠は自然のことだと思います。
  2. 第2に中絶手術を受けられた女性で「避妊をしています」と答えた方の41%に膣外射精が含まれているということです。膣外射精は全く避妊の効果はありませんし、根本的に 避妊に含めること自体が考えられません。
  3. 第3に中絶した女性の55%はコンドームを使用したと答えられていることです。その内容は色々なケースがあると思います。やはりコンドームの使い方によると思いますが、  妊娠中絶をした女性の約60%(私のクリニックのデータ)は「コンドームは一様使っていました」という現実からはコンドームでは避妊が非常に難しいと思われます。 なぜならカップルがセックスをするのはお互いコンドームの使い方など論理的な話し合いをしながらではなく、感情の延長線上にあるのではないでしょうか。

 

written by
院長 山口

関連ページ

診療・治療のページ