神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

低用量ピル・アフターピル専用 掲示板

低用量ピル・アフターピル専用 ご質問掲示板

※ご質問の前に、ピルに関するQ&Aのページをご確認ください。

※低用量ピル・アフターピル服用以外の内容にはお答えできません。

※お送りいただいたご質問の確認・回答には1週間以上かかることがございます。避妊効果についてお急ぎの方は直接当院もしくは、かかりつけ医を受診してください。

※複数にわたってご質問をお送りいただく際は、ハンドルネームを分かりやすいものにしていただき、毎回変えずに同じものを使用してください。

※絵文字は表示されませんので使用しないでください。

ハンドルネーム*
ご質問*

はじめまして。
生理前になると、体調が悪くなり、にきびやふくでものがでて
肌の調子がよくありません。
ピルを服用すると、このような症状はよくなるでしょうか。

パール

パールさんへ

生理前の不快症状をPMS(月経前症候群)といい、低用量ピルはPMS(月経前症候群)にも効果的です。

また、ニキビや吹き出物も継続的に服用することで、効果が期待できますので低用量ピルの服用をお勧めします。

生理まえのイライラがひどく、ネットで調べたところPMSだとわかりました。ピルはメリットが多いと聞いて処方していただきたいのですが、生理不順でもないのに処方してもらえるのですか?

あや

あやさんへ

低用量ピルはPMSでも、もちろん処方できますので受診して下さいね。

おりものの量が多くて気になっています。ピルを飲むと軽減されますか?生理痛はそこまで感じたことはないのですが、生理も出血が人より多く感じます。仕事で座りっぱなしなので、血が気になってしまいます。
なにかいい方法ないでしょうか?

さら

さらさんへ

低用量ピルを服用すると、子宮内膜が薄くなるので生理時の出血量を少なくすることができるのです。
仕事中も出血が気になるほどであれば、低用量ピルの服用をお勧めします。
まずは受診して下さいね。

生理痛がひどくてピルを飲もうか悩んでいます。
なにも知識がないのですが、頭痛や吐き気などの副作用が出る方もいると聞きました。すこし不安なのですが、やはり個人差があるのでしょうか?

おくちゃん

おくちゃんさんへ

飲み始めの体が慣れるまでの間に感じる症状は、でないことも多く、やはり個人差があります。
症状があっても、多くの方は1~2ヶ月飲み続けるうちにおさまっていきます。

受診時にも、不安なことがあればご相談していただけますのでご来院下さいね。

ピルを飲む時間が半日ぐらい遅れてしまいました。
薬の効果にどれくらい影響しますか?

よっちゃん

よっちゃんさんへ

半日でしたら、飲み忘れに気づいた時にすぐ飲み、その次の錠剤もいつもの時間に服用して下さい。
そのまま1日1錠、定時に服用を続ければ効果は継続されます。

はじめまして。
以前から生理不順があり、受診を考えています。
内診や検査なく、ピルを処方していただくことは可能でしょうか。

ひめ

ひめさんへ

生理不順がある場合、まずその原因を調べることが第一だと思います。
例えば多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、生理不順の女性の多くの原因となっています。
経膣式エコーによる診察を受けることが大事です。
まずはご相談に来て下さいね。

現在、更年期障害といわれる症状はありませんが、いつ頃から対処すれば、更年期に差し掛かった際に、症状が緩和されるのでしょうか。
また、副作用については、特に気にしなくてよいのでしょうか。

ひよ

ひよさんへ

まずは、当院ホームページの「一般婦人科」→「更年期障害」のページと「医療コラム」→「より安全なホルモン補充療法をめざして」のページをご覧ください。

40歳をこえられたら、まずはエストロゲン(女性ホルモン)、LH、FSHの血液検査を行うことが最優先だと思います。
コラムにあげられているような症状があれば、HRTのお薬をはじめられるとよいでしょう。

(当掲示板は、低用量ピル・アフターピル専用ですので、ご了承くださいね。)

はじめまして。
他のクリニックでPMSの相談をしたら、何の説明もなくただピルを処方されただけでした。
山口先生のところでは、PMSの説明はしてくださいますか?
婦人科はみんなそのようなところなのでしょうか?

ゆき

ゆきさんへ

まずは、当院ホームページの「一般婦人科」→「月経関係」ページの「月経関係の様々な症状」のところ
(http://www.lcy.jp/information/general/menstruation/)と、
「医療コラム」(http://www.lcy.jp/column/) の「実は、月経のある約7割の女性にみられる月経前症候群(PMS)ってご存知ですか?」のページをご覧ください。
やはり、月経前症候群(PMS)の治療としては低用量ピルがベストチョイスだと思います。
お近くにお住まいでしたらご説明しますので、一度、受診してくださいね。

早速ご回答くださり、ありがとうございます!
ところが、ご案内ただきましたPCOSのURSが文字化けしているようです。
参考にさせていただきますので、再度ご案内をいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

coco

cocoさんへ

以下URLの「コラム一覧」から「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってご存知ですか?」のページをご覧くださいね。

http://www.lcy.jp/column/


以前から生理不順があり、いくつかの病院で診察を受けたところ、多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。
治療法はいろいろあるそうですが、セカンドオピニオン?を聞いたばかりに、悩む毎日です。
山口先生、どうしたらいいでしょうか。

coco

cocoさんへ

生理不順の原因のひとつに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があります。
当院のホームページ「医療コラム 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってご存知ですか?」をご参照下さい。(以下URL)

http://www.lcy.jp/column/2013/12/01/%e5%a4%9a%e5%9a%a2%e8%83%9e%e6%80%a7%e5%8d%b5%e5%b7%a3%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%ef%bc%88pcos%ef%bc%89%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%94%e5%ad%98%e7%9f%a5%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f/

治療は、その女性が現在妊娠を希望しているかいないかによって異なります。
今の時点で妊娠を希望されていないのでしたら、低用量ピルを用いて妊娠を希望されるまで継続すればよいと思います。