神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

不育症の原因としての抗リン脂質抗体症候群の検査について

〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町3-4-7

TEL 078-391-2246

電話受付 診察時間内

不育症の原因としての抗リン脂質抗体症候群の検査について

抗リン脂質抗体症候群などの自己免疫異常があると胎盤(絨毛)の発育障害を起こしたり、胎盤内の血栓形成を助長し流早産、死産の原因になります。
抗リン脂質抗体陽性例では、12週間以上の間隔をあけて再検査し、再び陽性であれば抗リン脂質抗体症候群と診断します。

【検査項目】
・ループスアンチコアグラント(LA)
・抗カルジオリピンβ2GPⅠ複合体抗体
・抗カルジオリピン抗体IgG抗体

【費用】 9,000円(税抜・自費)※ 別途、診察料がかかります。