クラミジア感染症

gynecology

クラミジア感染症

クラミジア感染症について

性行為で感染し、初めはほとんど自覚症状はありません。感染が1ヶ月以上に及ぶと下腹部の痛みが出てきはじめ、感染が長期化すると流産・早産、不妊症、肝臓周囲の炎症を起こします。また感染中に出産をすると新生児結膜炎、肺炎の原因になります。

自覚症状がでる場合

  • おりものの量が増える
おりものの量が増える

治療法

感染初期であれば抗生剤の内服治療をします。付属器(卵管と卵巣を合わせた場所)炎を起こしていれば、抗生剤の点滴を3~4回します。咽頭炎がひどい場合も抗生剤の点滴をします。
しかし、初期の場合は、飲む抗生剤で10~14日間で治ります。

性感染症の検査と費用

基本7種 13,750円〜
  • 尖圭コンジローマ(視診・コルポスコピー)
  • ヘルペス・外陰炎(視診・コルポスコピー)
  • エイズ(血液検査)
  • 梅毒(血液検査)
  • トリコモナス(培養)
  • クラミジア・淋菌(r-PCR法 (子宮頸管検査))

咽頭検査

  • クラミジア・淋病(うがいの液)...4,400円

咽頭検査につきましては、検査前2時間は、食事・うがい・歯みがき・ガムをかむ事を避けて下さい。(飲み物は構いません。)

別途、診察料(3,300円)がかかります。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

診察スケジュールは現在調整中です。

参考にしていただける記事

pagetop
loading