不育症

gynecology

不育症

不育症とは

不育症とは

不育症とは、妊娠はするのですが、流産や死産を繰り返し生児を得られない場合を言います。その原因のひとつとして「抗リン脂質抗体症候群」があります。
具体的には以下の通りです。

抗リン脂質抗体症候群の検査について

抗リン脂質抗体症候群などの自己免疫異常があると胎盤(絨毛)の発育障害を起こしたり、胎盤内の血栓形成を助長し流早産、死産の原因になります。
抗リン脂質抗体陽性例では、12週間以上の間隔をあけて再検査し、再び陽性であれば抗リン脂質抗体症候群と診断します。

検査項目

  • ループスアンチコアグラント(LA)
  • 抗カルジオリピンβ2GPⅠ複合体抗体
  • 抗カルジオリピン抗体IgG抗体

費用

9,900円(別途、診察料がかかります。)

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

診察スケジュールは現在調整中です。

pagetop
loading