神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

子宮筋腫・子宮内膜症・ポリープ

子宮筋腫・子宮内膜症・ポリープ

子宮内の疾患

子宮内の疾患は、月経痛や月経過多など気付かれにくいものですが、不妊症に発展したり、こぶし大のコブのような塊になったりする事があります。
命にかかわるようなケースは少ないのですが、早めに対処するにこした事はありません。治療法も数多くあり症状により最適な方法をご提案します。
月経過多の方や生理痛のひどい方は一度診察を受けてみられる事をお勧めします。

子宮筋腫・子宮内膜症・ポリープについて

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮壁を構成する筋肉から発生する良性の腫瘍です。
30~40歳代に好発します。 がんに移行する心配はなく、閉経後に退縮するケースが多いです。筋腫は1つのこともあれば、多数できる場合もあり、発生する位置や大きさによって症状・治療法は様々です。

症状

無症状のことが多く、自覚症状が出る場合、月経痛・過多月経が主体です。

治療法

低用量ピルの服用で、月経時の出血と月経痛を減らすことができます。

子宮内膜症

子宮内膜(子宮の内側を覆っている膜)が子宮以外の臓器の表面で発育し、生理のように出血を繰り返す疾患です。
月経血と違い、膣のような出口がないので、血液がその場に溜まり炎症を起こしてしまいます。更に、周囲臓器との癒着を起こすと、月経痛や不妊症の原因となります。生殖年齢女性に発生し、月経を重ねるごとに進行し、閉経により軽快・消失します。
子宮内膜症は、がんなどとは違って良性の病気で、命に関わるようなことはありません。

症状

月経痛、慢性骨盤痛、拝便通、性交時痛などがあります。

治療法

低用量ピルの服用で、子宮内膜症の進行を抑え、再発を抑制することができます。 子宮内膜症の治療薬として認可されている低用量ピルもあり、子宮内膜が増殖したり広がったりするのを抑え、 病巣の月経時の出血と月経痛を減らすことができます。

関連ページ

子宮頸管ポリープ

子宮頸管のできものです。

治療法

多くの場合、レーザーで簡単に切除できます。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

2018年4月

診察時間表

参考にしていただける記事