神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

月経関係

月経関係

月経について

生理に伴っておこるさまざまな症状、実はほとんどの女性の悩みです。
むくみ、ニキビ、乳房や下腹部の張り、肌荒れ、腹部の激しい痛み。そしてイライラ無気力、憂鬱、倦怠感、不眠などの心の不調。多くの女性が生理痛はガマンするものと、ひとりで耐えているのが現実です。
日常生活に支障をきたすような生理痛は病気のサインかもしれません。ひとりで悩まずにご相談ください。

月経関係の様々な症状

月経前症候群(PMS)

全女性の約40%は月経前に何らかの症状があり、5~10%が日常生活に支障をきたしているといわれています。このような月経3~10日前に精神、身体症状を示し、月経の発来とともに急速に減退・消失する症状を総じて「月経前症候群(PMS:premenstrual syndrome)」と呼んでいます。

PMSの症状は次の2つに分かれます。

主な精神的症状 主な身体的症状

イライラする

乳房痛・緊満感

憂うつになる

腹部膨満感

集中力がおちる

頭痛(特に片頭痛)

気分の変動が激しい

四肢の浮腫

治療法

治療は低用量ピルと少量のSSRI(セロトニンがうまく働く薬)でほぼ症状はなくなります。

関連ページ

月経困難症

月経に随伴して起こる病的症状で、日常生活に支障をきたし、治療の対象となる場合を「月経困難症」といいます。月経直前あるいは開始とともに症状が発現し、月経終了前あるいは終了とともに消失します。

下腹部痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛、疲労、脱力感、食欲不振、イライラ、下痢、憂鬱などが強く出現します。

 

機能性月経困難症

器質性月経困難症

定義

骨盤内には器質性疾患はないが月経困難症を伴う

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などが原因となる

好発年齢

10代後半~20代前半以降

30歳以降

特徴
  • 排卵性月経に伴って起こる
  • 無排卵性月経では通常起こらない
  • 月経の第1~2日目に症状が強いが1日で軽減する
  • 妊娠分娩を経験すると症状の改善・消失をみることが多い

無排卵性月経でも起こりうる

主な治療
  • プロスタグランジン合成阻害薬
  • 低用量ピル

原因疾患の治療

治療法(症状に合わせた対症療法)

月経困難症は、機能性(原発性)と、器質性(続発性)に分けられますが、ほとんどが機能性です。
そして、その治療方法は低用量ピルなのです。(このお薬は、その排卵抑制作用と子宮内膜増殖抑制作用によって、痛みのもととなるプロスタグランジン等が過剰に産生されることをおさえ、月経困難症の痛みなどの症状を緩和すると考えられています。)

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

2018年4月

診察時間表

参考にしていただける記事