神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

子宮がん検診

子宮がん検診

子宮頸がんについて

日本では、毎年15,000人もの女性が新たに子宮頸がんにかかっており、特に20~30歳代の若い女性に子宮頸がんが急増しています。 死亡数も年間3,600人と、先進国の中ではとびぬけて多いです。
しかし定期的に検診を受けていればがんになる前の段階で診断することができますので、定期検診をご案内しております。

子宮頸がんの原因

子宮頸部にヒトパピローマウイルス(HPV)が、長期に渡り付着(持続感染)することで子宮頸がんになります。
つまり性行為で感染します。

子宮頸がんの検査

子宮頸がんのスクリーニング(検診)としては二つの検査の併用する必要があります。
細胞診の検査だけでは、「がんになる前の状態」を約30%見落としてしまいますので、ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査を併用します。自覚症状として「不正出血・おりものが常に多い」方は特に併用検査が必要です。

検査費用
検査内容 費用(税抜)

子宮頸部細胞診

4,000円

HPV高リスク検査(ハイブリットキャプチャー法)
(ヒトパピローマウイルスへの感染の有無を調べる検査)

2,000円

HPV - DNA型判定検査(HPVジェノタイピング)
※ HPV高リスク検査が(+)の場合に行います

8,000円

子宮頸部の細胞診検査

検査の結果はベセスダシステムを用います。このシステムは、子宮頸部細胞診における国際基準の報告様式です。

検査結果

1週間後に結果がわかります。

ヒトパピローマウィルス(HPV)高リスク検査(ハイブリッドキャプチャー法)・HPV-DNA型判定検査

ヒトパピローマウイルス(HPV)に既に感染しているかどうか(具体的には高リスクの13種にかかっているかどうか)が分かる検査と、どのタイプのHPVに感染しているかを調べる検査です。
子宮頸部細胞診とHPV高リスク検査(HPVグルーピング)を併用するスクリーニング検査(検診)の結果、細胞診が「II」 以上でHPVハイリスク検査が「+(陽性)」の場合、また、細胞診が「IIIa」以上でHPVハイリスク検査が「-(陰性)」の場合は、スクリーニング検査だけでは信頼度の限界と考え、コルポスコピー(カメラで子宮頸部のガンができる所を拡大して観察する検査法)の所見と併せ、HPV-DNA型判定検査(HPVジェノタイピング)を速やかに行うべきだと思います。
HPV-DNA型判定検査は、どのHPVのタイプに感染しているかを調べる検査で、子宮頸がんへと移行するリスクは低くても、尖圭コンジローマの原因となる6型、11型の有無も分かります。

以下の12タイプのヒトパピローマウイルス(HPV)への感染は、将来、子宮頸がんになるリスクが高く、悪化するスピードも速いことが明らかになっています。

「ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染=現在子宮頸がんの状態」ではありません!!!

ただし、この12タイプのヒトパピローマウイルス(HPV)は感染すると自然にウイルスが消失する事はほとんどないといわれており、5~10年で子宮頚部の細胞がかなりの確率で悪化していく事が分かっています。

検査結果

HPV高リスク検査、HPV-DNA型判定検査、それぞれ1週間~10日後に結果がわかります。

治療法

検査で異常がある場合でも手術により治療する事が可能です。

子宮頚がん前癌病変の治療法

対象となるのは、下記2項目両方に該当する患者様です。

  • ヒトパピローマウイルス(HPV)の12タイプの型(16 18 31 33 35 51 52 53 56 58 66 68) のどれかが検出
  • 更に病理組織診(採取した組織の構造を調べる検査)を行いその結果が CIN2・3 

子宮円錐切除術というレーザーを使用した手術で治療する方法があります。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

2018年4月

診察時間表

参考にしていただける記事