神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

子宮がん検診

子宮がん検診

子宮頸がんについて

日本では、毎年15,000人もの女性が新たに子宮頸がんにかかっており、特に20~30歳代の若い女性に子宮頸がんが急増しています。 死亡数も年間3,600人と、先進国の中ではとびぬけて多いです。
しかし定期的に検診を受けていればがんになる前の段階で診断することができますので、定期検診をご案内しております。

子宮頸がんの原因

子宮頸部にヒトパピローマウイルス(HPV)が、長期に渡り付着(持続感染)することで子宮頸がんになります。
つまり性行為で感染します。

子宮頸がんの検査

子宮頸がんのスクリーニング(検診)としては二つの検査の併用する必要があります。
細胞診の検査だけでは、「がんになる前の状態」を約30%見落としてしまいますので、ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査を併用します。自覚症状として「不正出血・おりものが常に多い」方は特に併用検査が必要です。

検査費用
検査内容 費用(税抜)

子宮頸部細胞診

4,000円

HPV高リスク検査(ハイブリットキャプチャー法)
(ヒトパピローマウイルスへの感染の有無を調べる検査)

3,000円

HPV - DNA型判定検査(HPVジェノタイピング)

8,000円

子宮頸部の細胞診検査

検査の結果はベセスダシステムを用います。このシステムは、子宮頸部細胞診における国際基準の報告様式です。

検査結果

5~10日後に結果がわかります。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

2018年7月

診察時間表

参考にしていただける記事