神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピルについて

アフターピルには、緊急避妊薬、モーニングアフターピル、ECP(emergency contraceptive pill)など色々な呼び方があります。避妊をしないで性交渉をした、コンドームが外れた/破れた、性被害にあってしまった、などの望まない妊娠を防ぐためにアフターピルを服用して緊急避妊をします。アフターピルには、排卵を遅らせたり受精卵を着床させないようにしたりする働きがありますが、100%妊娠を防ぐことができるわけではありません。アクシデントから72時間以内、最近では120時間以内まで服用できるアフターピルもありますが、できるだけ早く受診しましょう。

アフターピル処方時の検査について

排卵日が近いのか、排卵が終わってしまっているのかなどが重要ですので、当院では経腟式エコー検査を行います。

アフターピルの副作用

1970年代には緊急避妊のために中用量ピルを12時間毎に2回服用するヤッペ法が多く行われていましたが、強い吐き気などの副作用がありました。
現在は、レボノルゲストレルが主成分であるアフターピルが主流となっており、緊急避妊専用の成分であるため、吐き気、頭痛などの副作用が少なく、妊娠を阻止する確率も高いことが特徴です。
当院でも、レボノルゲストレルが主成分であるアフターピルのみの処方を行っています。

アフターピルの処方

診察時間内はご予約は不要です。診察時間外での処方をご希望の方は、ピル外来の時間をご確認の上、まずはお電話でご相談ください。

診察・処方費用 備考

目安:13,000円~15,000円

※ 診察結果などで異なります。