神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

ピルに関するよくあるご質問

ピルに関するよくあるご質問

お酒を飲むことが多いけれど、影響は?

特に問題はありませんが、お酒の飲みすぎで飲み忘れないようにしてください。また、吐いてしまい低量ピルの成分が一緒に吐き出されてしまった場合は十分な避妊効果が得られなくなる場合がありますので、飲みすぎには注意をしましょう。

毎日同じ時間に飲まないとダメでしょうか?

低量ピルはできるだけ毎日同じ時間に飲むのが理想ですが、毎日きっちり同時刻に夕食をとることが少ないように、多少のずれについては問題ありません。すでに服用されている方は携帯電話のアラームをセットしたり、毎日必ず行うこと(例えば食事・歯磨き・就寝など)の前後に習慣にしてしまうなど、飲み忘れないように色々と工夫されているようです。

長期間服用し続けても大丈夫?

例えば20歳から40歳まで飲み続けることが可能で、避妊効果が必要であれば服用期間に制限はありません。

低用量ピルを飲むとガンになりやすくなる?

逆に減るケースが多いです。(卵巣ガン・子宮体ガン)

低用量ピルを飲むと太る?

昔のピルはホルモン量が多く太る原因の成分が入っていました。しかし、現在使用されている低量のものではほとんどの場合そのようなことはありません。

低用量ピルの効果はいつからある?

月経初日から飲み始めれば、低量ピルを続けて服用している限り避妊効果は続きます。