神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルについて

ピルは正しく服用すればほぼ100%避妊できます。服用をやめれば速やかに自然な月経周期が回復し排卵が再開され体内に蓄積されることもありません。
以前のピルとは異なりホルモン量が非常に少なく、昨今では避妊目的だけでなく月経痛などの女性特有の諸症状、ニキビの治療にも処方されています。

低用量ピルの処方

低用量ピルの服用について

21錠タイプ

21錠のピルの場合、生理開始日からピルの服用を開始します。 毎日、決められた時間に1錠づつ服用し続けます。 21日間服用し、その後7日間服用を休止するタイプです。最後の錠剤を飲み終えた後、月経のような出血があります。 この28日を1周期として7日間のお休みが終わったら新しいシートの服用を開始します。

28錠タイプ

飲み忘れを防ぐために最後の7錠はホルモンの入っていない錠剤(プラセボ錠)がついたタイプです。 28錠のピルの場合、生理開始日からピルの服用を開始します。 21錠のピル同様に、毎日、決められた時間に1錠ずつ服用し続けます。プラセボ錠服用中に月経のような出血があります。 この28日間すべて服用したら新しいシートの服用を開始します。

当院の取扱い低用量ピルと費用

取扱い低用量ピル 価格

トリキュラー28[1シート]

2,500円

マーベロン28[1シート]

2,500円

低用量ピルの避妊効果について

低用量ピルを正しく服用すると、ほぼ100%の高い効果が得られます。
もし正しい周期などで服用出来なかった場合は、避妊率が下がることがありますので、その場合はお電話でお問い合わせいただければ、ご案内いたします。
尚、上記以外で避妊効果が下がる原因は、ひどい下痢などの病気、他の薬との組合わせ、ハーブなどのお茶の大量摂取 があります。

低用量ピルの副作用

開発当時(1960年代)のピルは、含まれるホルモン量が多く、副作用を引き起こす例もあったため、「副作用が怖い」というイメージがつくられる原因となりました。
しかし、現在の低用量のピルはホルモン量が少ないので、副作用の発生率もかなり低くなっています。

吐き気、不正出血、頭痛、乳房の張りなどの不快な症状を訴える人もいますが、体が慣れるまでの一時的なものです。症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。
また、ごくまれにみる症状として静脈血栓症があげられています。しかし妊娠中や分娩後に比較すると低用量ピルでの血栓症の頻度はかなり低いことがわかっています。

関連ページ

ご注意事項

服用できない・服用に注意が必要なケース

下記のような病状や状態の人は服用できない、もしくは注意して服用する必要がありますので、必ずご相談下さい。

  • 乳がん・子宮体がん・子宮筋腫にかかっている
  • 血栓症(血管内に血のかたまりができる病気)にかかっている
  • 35歳以上で1日15本以上タバコを吸う
  • 糖尿病など耐糖能異常といわれたことがある
  • 心臓・肝臓・腎臓に病気がある
  • コレステロール値や中性脂肪・血圧が高い
  • 現在妊娠している、または妊娠している可能性がある
  • 現在授乳している  など

低用量ピルの服用にあたり定期受診(年1回程度)していただきたい検査

低用量ピルを安心して服用いただく為に、下記の検査を年1回程度受けられることをおすすめします。

子宮頸がん検査

子宮頸がんはHPVというウイルスの感染によって起こります。OCの服用が子宮頸がんの原因となることはありません。OC服用者は、避妊についてはコンドームの必要がなくなるため、感染する可能性があります。HPVの感染を防ぐにはコンドームの使用が有効といえます。

肝機能検査(血液検査)

ピルに限らず薬剤を内服すると肝臓に負担がかかることがあるため検査が必要です。

性感染症(性器クラミジア感染症など)

ピルでは性感染症の予防はできないため、できるだけ普段からコンドームとの併用をお勧めします。

超音波検査

子宮、卵巣に腫瘍がないかどうかを調べます。

乳がん検査

低用量ピルの服用の有無にかかわらず、乳がん発生率は増加の一途です。当院では乳がん検診も一緒に受けていただくことをお勧めしています。