神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

性感染症について

性感染症について

性感染症について

性感染症 … STD(sexually transmitted diseases)

女性の性感染症は、感染した初めの頃はほとんど自覚症状がでないことや、咽頭(のどの奥)にも淋菌やクラミジア感染が、子宮の感染とは関係なく発症します。また、子宮や肛門へは指を介してでもうつります。ですから、感染の経路や自覚症状の有無については、男性とは区別して考えたほうがよいかと思います。もちろん、異性間だけではなく、同性間の場合も同様です。

女性の性感染症の最大の病気は、ヒトパピローマウイルス(HPV)によって発症する異形成や、子宮頸がんです。

さらに、女性は男性と比べて、複数の性感染症を伴っている場合が圧倒的に多いのです。
以前の性病の概念は、男性が風俗界隈に行って、それをパートナーの女性にうつしていくパターンでしたが、現在では社会的な風俗の概念がどんどん多種多様化していますし、女性自身も性に対するとらえ方が様々で、現実的には性知識と性感染症に対する危機感の乏しさが根本的な原因になっているように思います。しかし、検査方法はどんどん新しく、そして精度の高いものになっています。淋菌やクラミジアによる咽頭感染については、うがい液で調べることができますので、気になる場合は、なるべく早く検査を受けることが大切です。男女とも同様ですが、特に女性の場合はパートナーを特定し、信頼できる方を選ぶことが最大の予防かと思われます。

最後に、女性は男性と比べて発見が遅いといわれていますが、全く自覚症状がないわけではありません。

  • 最近おりものが増えたり、いつもの色を違う場合
  • いつもよりおりものの匂いがきつい場合
  • 膣の入口や外陰部にかゆみや痛みがある場合
  • 外陰部に水疱やイボの小さいものが触れる場合
  • 性行時や排尿時に痛みを感じる場合

以上のようなケースは、早めにクリニックでの検査が必要と思われます。様子をみて放っておくことが、性感染症(STD)治療の最大のデメリットと言えます。

性感染症の種類

淋菌感染症

淋菌感染症は、一般的に淋病とよばれています。STD、性病に認定されています。性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20~30%)している場合も多くみられます。

クラミジア感染症

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチス(ウイルスと細菌の中間ぐらいの大きさの菌)によりおこります。

トリコモナス症

トリコモナス症は、トリコモナス原虫(顕微鏡でも見える虫の一種)が原因となります。

性器ヘルペス

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって発症します。

ごく一部のカンジダ症

カンジダ症は、いくつかのカンジダ属菌を原因とする真菌症(カビの一種)です。

ケジラミ症

ケジラミ症は、ケジラミ保有者との性行為によりケジラミという吸血昆虫が感染することでおこります。成虫の潜伏期間(感染してか症状が出るまでの期間)は、1ヶ月から2ヶ月とされています。

梅毒

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌によって発症します。

エイズ(後天性免疫不全症候群)

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)がTリンパ球やマクロファージなどに感染し、普段は感染しない病原体にも感染しやすく、さまざまな病気を発症します。これを日和見感染といいます。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染することで発症するウイルス性肝炎の一つです。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)6型と11型の感染によって発症します。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮頸部と呼ばれる子宮の入口より発生するがんです。ヒトパピローマウイルス(HPV)高リスク型の感染によって発症します。

性感染症の検査と費用

検査種類 検査項目 費用(税抜)

基本7種

尖圭コンジローマ

視診・コルポスコピー

性感染症
7種9,500円~

ヘルペス・外陰炎

エイズ

血液検査

梅毒

トリコモナス *

培養(専用に分かりやすく検出する方法)

クラミジア *

子宮頸管からr-PCR法で検査します

淋菌 *

血液検査

B型肝炎 S抗原・S抗体

3,000円

C型肝炎HCVコア抗体

3,000円

咽頭検査

クラミジア・淋病

うがいの液

4,000円

尿中薬物検査

2,500円

カンジダ

培養

300円

咽頭検査につきましては、検査前2時間は、食事・うがい・歯みがき・ガムをかむ事を避けて下さい。(飲み物は構いません。)

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

 

11:00~
13:00

第1,3,5

第2,4

×

10:00~

14:30~
16:00

14:00~
16:00

15:00~
16:30

16:30~
19:00

~18:30

~18:30

×

担当医が異なるため各月のPDFファイルをご確認下さい。

参考にしていただける記事