神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

性器ヘルペス

性器ヘルペス

性器ヘルペスについて

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)または、2型(HSV-2)が、性行為によって性器や口唇に感染します。タイプとして、初感染初発型と再発型がありますが、日本人女性は、初感染はHSV-1型が多く、再発型はHSV-2型が多いです。そして、この両者の性質は、全く違うことが特徴的です。

性器ヘルペスについて

初感染初発型ヘルペス

必ず性行為があって2~10日の潜伏期間をもって、激しい外陰部の痛みが出現します。発熱やリンパ節の腫張(腫れあがること)や灼熱感(熱く感じること)を伴います。この痛みによって、排尿困難、歩行困難になる場合もあります。

治療法

アシクロビルの点滴(2~3回)、内服、外用クリームの3種を同時に使います。

再発型ヘルペス

過労やストレス、また他の発熱を起こす病気などが原因となって発症しますので、性行為があったかなかったかは問題ではありません。症状は初発型とほぼ同じですが、その程度はかなり軽いです。

治療法

5日間の内服と外用クリームで、一時的にほぼ治ります。

治療後のヘルペスについて

単純ヘルペスは、原則的に根治させることはできません。一度感染すると、仙骨神経節の神経細胞内に潜伏感染してしまうためです。再発する頻度は、ヘルペスウイルスの再活性化(再び増殖してしまうこと)によりますが、個人差はかなりあります。何度も再発を繰り返してしまう方には、バラシクロビル(ヘルペスに対する薬)の内服を1日1錠1年間服用して、再発させないようにする方法があります。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

 

11:00~
13:00

第1,3,5

第2,4

×

10:00~

14:30~
16:00

14:00~
16:00

15:00~
16:30

16:30~
19:00

~18:30

~18:30

×

担当医が異なるため各月のPDFファイルをご確認下さい。

参考にしていただける記事