神戸三宮にある総合婦人科クリニック
低用量ピル・月経のお悩み、性感染症、性病検査
乳がん・婦人科がん検診なら山口レディスクリニックへ

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマについて

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマとは、非常に厄介で痛みのない小さなできものがだんだんと広がっていき、簡単には治りにくい性感染症です。

原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)6型、11型によって感染し、最短でも3週間、長ければ9カ月の長い潜伏期(病気が発症するまでの間)を経て、無病性(痛みのない)の小さなできものが、静かにゆっくり、だんだんと外陰部、小陰唇、肛門周囲、直腸、尿道口、膣内、子宮の頸部(入口のところ)などで広がっていきます。

また、尖圭コンジローマは、他の性感染症(クラミジアや梅毒)などと合併していることが多く、自分で気がつくときには、かなり広がっているケースがほとんどです。

治療と予後(治療のあとの経過)

10%~20%は、自然に消失(なくなってしまう)するケースもありますが、この病気がウイルス潜伏によって発病することから、治療は単独では難しく、再発を繰り返すことが特徴的です。

もっとも、外陰部だけに少数のできものがある場合は、イミキモイドクリーム(べセルナクリーム®)を2週間程塗ることで治るケースもあります。しかし、多くの場合、外陰部だけにできているのではなく、色々な場所に非常に多くのできものが存在してきますので、他の部位にはべセルナクリームを塗りようがありません。また、ベセルナクリームの効果は、弱いわりに副作用が強くでますので、とてもこのクリームだけでコンジローマを治すことは困難です。

ですから、治療としては、小さいできものができている所には、ヒトパピローマウイルスが蔓延しているわけですので、まず5FU(抗がん剤)クリームを全体的に塗っていき、ウイルスにダメージを与え、できものが、かなり小さく少なくなるのを見定めてから、CO2(炭酸ガス)レーザーで蒸散(蒸し焼き)する方法がベストと思われます。その後は、1~2週間毎に、再発がないかを確認することも重要です。今まで当院の治療成績では、治療後2カ月経って再発しているケースは、ほとんどありません。

診察について

診察時間につきましてはTOPぺ―ジのお知らせをご参照ください。

 

11:00~
13:00

第1,3,5

第2,4

×

10:00~

14:30~
16:00

14:00~
16:00

15:00~
16:30

16:30~
19:00

~18:30

~18:30

×

担当医が異なるため各月のPDFファイルをご確認下さい。

参考にしていただける記事